SM事故


SMはその性質上、常に事故には気をつけなければいけません。

実際に事故が起こっても明るみに出る事は少なかったり、
人には言えなかったりなど、そのままなかった事になる場合も多いようです。

誰にも相談できずに一人で不安を抱えながら過ごしている方もおられるかもしれません。

同じような経験をしている方からの貴重なご意見は、
とても参考になると思います。

ここでは皆さまの体験や色々な情報をもとに、
気をつける事や、対策なども考えていけたらと思います。

SMで傷付いたりする事は当たり前なのですが、
予期せぬものは怖いものです。


皆さまの体験や怖かった事などがありましたら、共有できる場になればと思いますので、
そういった経験をお持ちの方は些細な事でも構いませんのでぜひご意見をお寄せ下さいませ。

−メールフォームはこちらです−


●SMクラブ摘発
日本国内で2013年に逮捕された女王様の事件です
SMの世界の人には人事ではないと思います。
記事を読む


●女性にSMダイエットを施した精神科医
オーストラリアで精神科医の男性(64)が患者の女性(24)に対して、
過食症の治療と称して服を脱がせ鞭を打つ事件が起きました。
記事を読む


●尿道にフォーク挿入で抜けず
オーストラリアのおじいちゃんが起こした事故です。
救急搬送されましたが命に別状はありませんでした。
記事を読む


●エアーコンプレッサーを使って尻に空気を送りあう
よくこんな事をしたなという事故です。
記事を読む


●女王様と男奴隷が巻き起こしたテロ騒動
女王様からの命令がテロ騒動に発展。
記事を読む

−感想−
人様に迷惑をかけてはいけませんね。
想像して少し笑ってしまいました。


●62歳の男、自宅でSMプレイ中に焼死 台湾新北
2013年1月18日に起こったSM事故です。
記事を読む

−感想−
何ともコメントしがたい事故です。。
興奮状態で周りが見えなくなっていたのでしょうか。
悲しい事故です。


●まさかのカミングアウト M男性
付き合っていた彼女にMを告白したがドン引きされフられて失恋。
さらに周りの知人達にも言いふらされて信用失墜。
おかげ様で堂々とMを公言できるようになりました。
もう恋なんてしないなんて言わないよ絶対。

−感想−
SM事故、、、ですか、確かに。
最後に前向きになっておられるのがすごいです。


●吊りで落下 M女性
SMバーでスタッフの女性に吊ってもらう途中にまさかの落下。
後ろ手に縛られた状態で受身も取れず頭部を強打。
幸い脳震盪と首のムチ打ちで済んだものの、下手をすれば命に関わる重大事故でした。
その上悪びれる様子もなく人として信じられないと思いました。
そのお店には二度と行っていません。
他のお店のスタッフはそんな事はないと思いますが、
皆さんも気を付けてほしいと思います。

−感想−
とても怖い経験をされていますね。
とにかく後遺症が残らず幸いでした。
縛り手には責任があると思います。
縛られる側も自身を守る為に相手をきちんと見極める必要がありますね。
吊りは特に経験も求められる責めだと思います。
お店は本来なら安全な所だと思いますが、それを裏切る事故ですね。


●吊りによる麻痺・痺れ M女性
SMバーで初対面のS男性と初めての吊り体験で、
開放された直後から異変を感じました。
腕に全く力が入らなくなり、握ったグラスはすり抜けてしまいました。
不安になり病院にもいきましたが、
その後回復するまでに3ヶ月近くかかりました。

−感想−
吊りをされる時はお相手の方に手に触れて冷たくなっていないかを確認して頂いたり、
痛みがないかなど声をかけながら進めて頂けるといいですね。
その方が信頼できる方なのかも慎重に判断が必要です。
すぐに病院に行かれたのは懸命な判断だったと思います。


●アナルのローソクが溶けた S男性
低温ローソクだったせいかアナルに挿入したローソクが気付いたら溶けていた。
そろ〜っと芯を引っ張って引き抜いた後、浣腸を施して洗腸した。
もう少しで取れなくなる所で焦った。

−感想−
低温ローソクの中には融点が低いものがあるので怖いですね。
人の体温で溶けてしまうのは驚きです。


●浣腸プレイのやりすぎ M男性
一人浣腸プレイが大好きでシャワーで大量のぬるま湯浣腸をしていました。
パンパンに張った下腹部が胃を押し上げて、
「死んだらどうしよう」
と思いつつも肛門にシャワーの管を押し当て続けました。
度重なる浣腸プレイがたたって、
下腹部に鈍い痛みと違和感を感じるようになりました。
病院で診察を受けた結果、脱腸ヘルニアと診断されました。
しばらく浣腸プレイを封印して何とか痛み引きました。

−感想−
命がけのオナニーですね。
行き過ぎると命に関わるのがSMの怖い所です。
改善に向かって何よりです。


●お風呂場での大量浣腸とイラマチオ M女性
吐いても吐いても喉の奥まで何度も突かれ、
顔中が涙と鼻水と吐瀉物まみれになり気道が塞がってしまいました。
呼吸困難から意識を失ってしまい気が付いたら病院のベッドでした。
相手の男性もかなり焦ったようです。

−感想−
呼吸制御になってしまう責めは注意が必要ですね。
お相手の方には冷静さが求められると思います。
我を忘れてしまう方は怖い気が致します。


●局部がローションでただれる M男性
SMクラブで局部責めを散々受けて傷だらけになった後、
ローションをつけて手コキをしてもらいました。
その時は既にヒリヒリして痛みがあったのですが快感の方が勝っていました。
プレイ後にやけにアソコが痛いと思ったら、真っ赤にただれていました。
腫れが引くまでの数日間痛かったです。
原因はプレイ終盤のローションでした。

−感想−
傷がある部分には、ローションも刺激物になってしまいます。
予期せぬ苦痛は避けたいですね。


●縛りでしびれ M女性
後ろ手に縛られM字開脚で責めて頂いた時に、
感じすぎて暴れてしまい手に縄が食い込んでしまいました。
親指の付け根に痺れが出ました。
1週間程で改善しましたが力が入らず不便でした。

−感想−
縛りでの痺れや内出血は、軽度のものなら多くのMさんが経験するかもしれません。
痺れた部分をご自身でマッサージをするのは、
炎症を悪化させる恐れがあるので注意が必要だそうです。
病院や接骨院などに診てもらう事が大切だと思います。