責めの種類


 ■SMにおける責めの種類 注意点
(責めの種類のメニューは左側に表示しています)

責めには多くのバリエーショーンがあると思います。

大きく種類を分ける事はできても細かく分類すれば
到底分けきれるものではありません。

「責め」と言うとプレイの名称ばかりがあげられがちですが
本当は何がどうと決まっているわけではないのだと思います。

S様側にしてみればしたい事をしてみればいいし、
その全てが責めなんだと思います。

ただ何も知識がない状態では限界があり
どのように責めればいいのかわからないという方は多いと思います。

知識が足りず思わぬケガを負わせてしまうのは恐い事です。

まずはM側ときちんと話し合い、コミュニケーションをとって
互いの事を話し合い、分かり合うことから始めるのがいいと思います。

そしてS様側はある程度の知識は持っていた方がいいと思いますし、
そこから信頼関係もどんどん深まっていくのではないでしょうか。

ここでは大切なパートナーを危険から守る為に、
医学的な知識や人様の経験から学んでいけることを記していこうと思います。

あるいは用語的な意味合いでもいくつか書いてみたいと思います。

S様にはもちろん、Mの方にも自身を守る為に知っておいてほしい事があります。

もしかしたら知っている事も多いかもしれませんが、
ご確認にでもなれば幸いです。。


ここに記した以外にも色々と種類があるとは思いますが、
それらに関しては今後少しづつ増やしていけたらなと思います。

個人的な好き嫌いが介入する事があるかもしれませんが、
色々な方々に教えて頂いた話なども交えて、
出来るだけ客観的に書いてみたいと思います。